スポンサーリンク

共有:

レンタル防音室 ヤマハ セフィーネIIボックスR 0.8畳タイプ レビュー&使用感など!

共有:

スポンサーリンク

うにです。

声と歌のご依頼を受付し始めてからというもの1年間くらい、収録環境(収録できる時間帯が1日30分程度とごくごく限られていた)的に、月に数えるほどしかご依頼を請けられなかったため、募集開始してはすぐにこなせる上限になって中止する、何度かを繰り返し、「いつも依頼受付中止している人になってしまう、なんとかしないと!」と3ヶ月前から使い始めたレンタル防音室。

3ヶ月使用してみての感想は、 「導入して本当によかった!!」 の一言です。
ヤマハさんの回し者ではないですよ(・ω・)
(昔エレクトーンを習ってはいましたが)

私が使用している一番グレードの低いもので、月額1万円程度~となりますが、費用対効果としては◎でした。
だんぼっちや自作ブースでなくこちらにして本当によかった……!
宅録で防音室使ってみたいけど……どうしよう、と悩んでいる宅録ボーカルさん、声優さん、ボイスコさん、歌ってみた動画を投稿している方の参考になれば幸いです。


レンタル防音室 ヤマハ セフィーネIIボックスR(0.8畳タイプ)

スペック

ドア吊元(開き):左or右
レンタル料金: 10,500円(税抜/1ヶ月)
レンタル期間:最短12ヶ月~最長48ヶ月
外形寸法(mm):944×1385×2065 約0.8畳
室内寸法(mm):757×1198×1922
本体重量(kg):258.00 【仕様】66W蛍光灯、換気扇、音場パネル(コーナー:2枚、平:3枚)、2口コンセント×1納期は申込後10日以上の期間を要します。
ご返却時に別途、解体費及び運送料が掛かります
解体費  27,000円(税抜)
解体時運送料  22,000円(税抜)

大まかな感想としては、下記のとおりです。

メリット、良かった点

1.夜中でも朝方でも時間を気にせず歌える、声を張れる

一日30分程度しか収録時間がとれなかった私にとって、物凄く大きなメリットでした。
賃貸だとご近所さんに迷惑をかけるわけにはいかなかったので……。
-35db、大声で歌っている声を、「かなり小さいテレビの音量」程度にまで軽減してくれます。
※軽減具合の感じ方等には個人差があります。特に私は声が細いほうなので。。。

2.ノイズのほぼ無い、小規模スタジオ品質程度のいい音が録れる

マイクやインタフェース等の機材やマイキング(機材の使い方とか)にもよると思いますが。。。
ノイズ除去プラグインなど使わなくてもいいくらいノイズのほとんどない、なかなかいい音が録れるようになりました。
※ここでいう「ノイズ」とは、「サーーー」音やPC等の「ブーン」音などのこと。リップノイズ、鼻鳴り喉鳴り等は当然乗るので注意・後編集での対策が必要です。

3.即納対応が可能になった&以前より多くのご依頼件数を承れるようになった

1の内容と似ていますが、大きなメリットだったので項目を分けました。単純な作業分量にして5倍以上ではないかと!


デメリット&気をつける点など

1.夏、暑い

収録時はノイズが入らないよう防音室についている換気扇は当然OFFにし、ドアも締め切るため、物凄ーーく暑いです。
密室で酸素も薄くなるので、1時間に1回以上は休憩&換気タイムが必要かなと思います。

2.維持費がかかる

上で書いたとおり、防音室のレンタルは月額1万円~程度かかります。なお、申込&決済にはクレジットカードが必要です。
ちなみに、レンタルでなく購入だと50万~程度かかるようです。

3.0.8畳タイプだと、けっこうせまい

私のように歌うとき手をゆらゆら、ブンブンしたりする人や、体格のいい男性の方には1.5畳タイプのほうがよいかもしれません。
※一人でおとなしく収録する分には0.8畳で全く問題ないかと思います。広いものはそれだけ料金も上がるので、予算等と相談ですね……。

4.しっかりとした吸音対策が必須(ボーカル、ボイス録りの場合)

「音場調整パネル」というのが製品に付属されていますが、それとは別に吸音材が必須です。
吸音対策無しだとマイクが物凄く反響音を拾って、「部屋鳴りのひどい音」になってしまうので、しっかりとした吸音対策をしないとボーカル、ボイス録りブースとしては使えません。
※部屋鳴りのひどい音=部屋の壁などから反響音を拾って、「抜け感のない・こもった・クリアでない・安っぽく」なってしまった音のこと。セリフやボーカル録りでは、「部屋鳴りのないデッドな状態の音」がよいとされる。
※もちろん、楽器演奏やひきこもりルームとして使用するのであれば不要です。

5.汚せない

レンタルなので当然ですね。
壁面に穴を開けたり、室内を汚すのはNG。
「大丈夫だろうけど、返却時に相当分の料金を請求されるかもしれないから気をつけてね」と設置してくれたおじさまに言われました。

6.ケーブルを通す穴がない

きちんと確認せずに「とりあえず初めてだし安いのでいいかなー」とレンタル申込した私最大のミスでした。
作業するため、防音室内にモニタ、IF、マイク、マウス、キーボード、机を置いて
ノイズ対策のため防音室の外にPC本体(ブーンという音が鳴る)を出すつもりだったのに……!
どう対策したかは後述しますね。
※ちなみにPC本体をブース内に入れると、防音室導入前より「ブーン」音やファン音を物凄く拾ってしまって、「導入前より悪い音になるってどういうこっちゃい」状態になったので「PC本体は外!」一択だと思います。
※電源プラグを挿す場所(2口コンセント)は防音室内にあります。

ボイス&ボーカル録り用にカスタマイズをする

ブースの居心地をよくするため&綺麗に音をとれるように色々調整したので書き置いておきます。

1.付属の音場パネルを取り付ける(吸音対策:効果少)

pn1

強力なマジックテープで取り付けられるようになっていました。
「フン!」と押し込むときちんとひっつき、「フン!」と引き剥がすと取り外せる、私のようなものぐさには有難い親切設計でした。

pn_ura
ちなみに、吸音効果はあまり高くないようです。

2.床にラグを敷く(吸音対策:効果少)

座椅子派の私。
デフォルトの床が、こういう

yuka0

そのまま座るとチクチクする感じだったので、肌触りのよいラグを敷きました。
デフォルトの敷物よりは吸音効果がある模様です。

yuka2
ラグの大きさは、私が注文した0.8畳タイプだと下記のものでピッタリくらいのサイズでした。

3.吸音材・ホワイトキューオンを2枚置く(吸音対策:効果大)

kyuuonn1

もっと薄くてオシャレな見た目の吸音材は数あれど……。
見た目は捨てて、吸音効果が非常に高いホワイトキューオンを、室内のコーナーに2枚設置。

kyuuonn2
1枚と2枚では吸音効果/部屋鳴り具合にかなりの差があったので、ホワイトキューオンを使うなら2枚以上が必須です。
私は、さらにマイクのすぐ後ろにリフレクションガード(吸音効果:中)をたてて録音しています。
※リフレクションガードは買うと高いので、マイクのすぐ後ろにホワイトキューオンをさらにもう1枚たてる、のがおすすめです。

4.作業用のテーブルを置く

座椅子派の私はローテーブルを購入。
大きさは下記のものでピッタリくらいでした。

5.モニタ etc. を設置

arm

最初はモニタ1枚で頑張っていたのですが、以前は2枚使いだったのでどうしても音声編集作業がしづらく、モニタを縦に2枚並べられるようにモニターアームというのを買いました。
4の机にモニターアームを固定して、IF、マウス、キーボード、USBハブ、電源タップなど細々したものを配置。

6.アーム型マイクスタンドを設置

peltsu2

収録時だけマイクを口元に持ってきて目の前のモニタ(+台本や歌詞カード)を見ながら録音、音声編集などをするときは「ペッ」とマイクを手で払って(よけて)作業できるよう、アーム型のマイクスタンドというのを購入してみました。
机の端に固定できるんですが、これ物凄く便利です……!毎回ねじ等締めなおさなくても「ペッ」で払って「ペッ」で戻せるのでおすすめです。

peltsu3
あまり聞いたことのないメーカーのものですが……。今のところは緩んで下がってきたりはしておらず快適に使用できています。

さらに、マイクとポップガードを取り付けました。

7.座椅子を置く(吸音対策:効果中)

声は前に向かって、跳ね返って後ろの壁に当たり、さらに跳ね返って前に行き、それをマイクが拾うので、背面側にも多少の吸音対策が必要かなと思います。
私はとりあえず前から使っている座椅子を置きました。
上記1、2、3の吸音対策と併せて収録した音声で、音録り本職の方にも録り音◎をいただけたので、吸音対策はこのくらいしておけばバッチリかと!
立ちor椅子収録派の方は、背面に何かしらの吸音材を張るとよいと思います。

8.ケーブル類を防音室の外に出す

「ブーン」音を拾わないよう、PC本体だけは隣の部屋に置いたので、そこまで下記の線を引っ張らなければいけません。
・USBケーブル(マウス・IF等⇒PC本体接続用) 10メートル
・モニターケーブル(モニタ⇒PC本体接続用) 10メートル ×2本
しかし、ケーブル穴のない密室……。
どう出す……?穴空け不可だけど買取覚悟で穴を開ける……?

悩んでいたところ、ナマえもんにアドバイスをもらいました。
「ドアの蝶番側から出したら?」

cd

試してみたら大成功でした。一安心……。
結構太めのモニタケーブルも(ドアの開閉で、多少ケーブルの見た目は潰れますが3ヶ月たっても普通に使えています)蝶番側から出して、無事PC本体に接続できました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-h28-09-13-17-01-55

私は一番お安いタイプの防音室(ケーブル穴がない)をレンタル申込みしてしまいましたが、ケーブル穴があるタイプもちゃんとあるようなので、導入をお考えの方はそちらも見てみるとよいかと思います。
ケーブル穴がないことで、最低レンタル期間12ヶ月がまるっとムダになるかとヒヤッとした私でした(・ω・;)
焦ってケーブル穴を開けたりしなくてよかった……!
持つべきものは頼れる、相談できる人(有能)ですね。

9.その他

壁にフックをつけたい

sonota1
汚しちゃいけない壁面ですが、養生テープ(パイオランテープ/はりやすく、綺麗にはがせるテープ)をはって、その上に両面テープ式のフックをつけました。これなら返却時にぺろんと剥がせますね(・ω・*)

ヘッドフォン置き場

sonota2
6のアーム型マイクスタンドのアームに、磁石でひっつくフックをつけました。使っていないときはここにヘッドフォンをひっかけます。まぁ便利!

完成!

bouon

モニターアーム等組み立てるのが始めてでちょっと手間取ったりして、翌日筋肉痛になりました。。。


ヤマハ 楽器レンタル・リースの「音レント」


さいごに

昔、ボーカルしか録ってこなかった私は、録り音というのに本当に無頓着で(そういった知識が全くなかったのと、多少のサー音や部屋鳴りはオケとMIXしてしまえばわからないことが多いので)、音声編集に甘えっきりだったんですが……。
セリフを録るようになって、「セリフはボーカルと比べて特にごまかしがきかない、録り音がとにかく大事」「部屋鳴りを制するものは宅録を制す」というのを知ってからは、機材や音質というものに、自分なりにではありますがかなり気を使うようになりました。
未熟なりに、音も、読みの質も、いいものをお届けできるよう、少しずつではありますが日々成長していけたらと思います。
ありがたいことに2016年9月納品分は既にご依頼を複数件いただいているので、現在は10月中納品のご依頼を絶賛受付中です┏○))
何かお手伝いできることがあればお気軽にお問い合わせ下さいませ~!

ご依頼、おまちいたしております(・ω・)/

小石川うに