共有:

【コラム】一生懸命作った動画をYOUTUBEに投稿したら、画質と音質が悪くなっちゃった!?動画投稿時は必ずエンコードをしよう【声優/ボイスサンプル】

共有:

イソノラリックマです。

なぜ動画エンコードが必要なの?

声優さんはじめ、フリーランスや同人活動をされている方は、YOUTUBEにサンプル動画や宣伝動画をUPすることも多いと思いますが、言うまでもなく、『音質/画質含む、サンプルのクオリティ』はとても大事です。

企業の方、サークルさん、同人声優さん、ネット声優さん、ボーカルに限らず、

YOUTUBE動画などを見ていると、動画サイトの内部エンコードによって画質や音質が

著しく劣化してしまっているものが多々あります。

これを解決するのが、「動画投稿前のエンコード作業」です。

※エンコード=元の動画データを10分の1から100分の1以下に圧縮して、Web上で視聴しやすい動画データに変換すること。この作業をしないと動画サイト側でエンコード処理が行われ、著しく音質や画質が下がってしまう

エンコード有り/エンコード無し 比較動画

◎エンコード無し


◎エンコード有り


※可能ならリンク先でご覧ください。
いいヘッドフォンなどで聴いてみると、かなり違いがあるかと思います。

お手軽簡単に綺麗な動画を投稿してみよう!「つんでれんこ」

動画エンコードはこだわると本当に奥が深い世界ですが……。

ここでは、同人活動/フリーランスの方向けに

「お手軽、カンタン、かつ高音質で高画質、素人目には劣化が全くわからないレベルのエンコードができる」

ハイクオリティなエンコードツールの紹介です。

⇒ つんでれんこ

使い方などはサイトに非常にわかりやすく書かれたものがあるので割愛します。

他にもエンコード用ツールや方法は多々ありますが、正直、つんでれんこさえあれば十分だと思います。他のツールだと事前準備等も結構めんどかったりするのですが、つんでれんこなら

「作った動画をピュッとやって、簡単な質問に答えて、待つだけ」というお手軽さなので非常におすすめです。

一生懸命作成したサンプルや宣伝動画、ぜひ動画サイト用のエンコードをしてから投稿してみてくださいね!

イソノラリックマ